開催概要

神戸六甲ミーツ・アートは、神戸・六甲山上で毎年開催される現代アートの芸術祭です。
2010年からこれまでに、延べ520組以上のアーティストが参加しました。
15回目を迎える今回は、名称を「神戸六甲ミーツ・アート2024 beyond」に改め、神戸を象徴する山、六甲山の自然とアートをより一層に楽しんでいただける芸術祭を目指します。

【テーマ】

新しい視界 
Find new perspectives.

情報が目まぐるしく行き交う現在、私たちには提示された既存の視点で事物を判断し結論を急ぐ傾向があるようです。
いつもの立ち位置から歩を進め山を登り森を抜けると眼下に新しい景色が広がるように、様々な表現手法で制作された現代アートは私たちの視界を広げる役割を果たしています。
日常を少し離れ六甲山の魅力に触れながら旅をするように、様々な価値観と出会う芸術祭、そうした場をアーティストとともに生み出すことが私たちの願いです。

開催概要

会期

2024824日(土)〜1124日(日)

開場時間

10:0017:00

会場
  • ROKKO森の音ミュージアム
  • 六甲高山植物園
  • 六甲ガーデンテラスエリア
  • 風の教会エリア
  • トレイルエリア
  • ほか
    総合ディレクター

    高見澤 清隆

    主催

    六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社

    共催

    六甲摩耶観光推進協議会

    ※2024年2月1日時点

    六甲山上施設の魅力

    六甲山の玄関口「六甲ケーブル下駅」から六甲ケーブルに乗車し、約10分で山上へ。
    標高730~880mに点在する展望施設から見るダイナミックな景色は、市街地が近い六甲山ならではの眺望と言えます。市街地より5~6℃低い気温を活かして世界の高山植物や六甲山自生植物を栽培する六甲高山植物園や、心地よい音楽がコンサートルームだけではなく広々としたガーデンでも楽しめるROKKO森の音ミュージアム、眺望とともに食事・買い物を楽しめる六甲ガーデンテラスなど、多彩な施設が六甲山の魅力を引き出します。

    PICK UP

    ROKKO 森の音ミュージアム

    more

    六甲高山植物園

    more

    六甲ガーデンテラス

    more

    六甲ケーブル

    more

    神戸・六甲山について

    神戸市は兵庫県南東部に位置する瀬戸内海に面した街です。
    神戸の近代都市文化は、幕末に神戸港が開港されたことに始まります。外国人居留地の建設や阪神間の官営鉄道開通など、近代文化が醸成される環境を原動力に今日まで発展を続けてきました。
    こうした都市文化だけでなく、神戸には市街地に程近くも風光明媚な山々もあり、古くから神戸市民に親しまれてきました。
    神戸を代表する山・六甲山は明治時代中期、イギリス人実業家A・H・グルームらの尽力により「レジャーの山」としての一面もみせるようになりました。
    山上での優雅な過ごし方は、山荘建築の名作「ヴォーリズ六甲山荘」や日本最古のゴルフ場である「神戸ゴルフ倶楽部」からも垣間見ることができます。
    さらには気軽に山上へ足を運べるケーブルカーの開通、広大な自然を活かした植物園やアウトドア施設の開業を経て、今に至るまで日本有数のリゾート地として愛され続けています。

    過去の六甲ミーツ・アート芸術散歩

    鑑賞パスポートの購入はこちらから